【速報】優勝 情報局 | 最新情報 口コミ情報

優勝 情報局では、「優勝」のキーワードに関する情報をキャッチし、キーワードをタグ付け整理し、アーカイブします。

*

「 日本 」 一覧

no image

グラビス・アーキテクツ スキーヤー武田竜選手のサポートを開始

ワールドカップレーサーとして一線を退いた後は技術選へと戦いの舞台を移し、2016年からは3年連続して4位入賞、2019年には念願の優勝を果たした日本の …

no image

清水エスパルス、歴代ガッカリ外国籍選手5人。アーセナル無敗優勝メンバーの失望、無得点でも愛された …

清水はステージ優勝を逃し、マルコーンはわずか2試合の出場であえなく契約解除となった。 日本を離れた後の詳細な経歴に不明な点も多いが、2000/01 …

no image

レッドソックス・上原浩治、歓喜のワールドシリーズ制覇! フォトグラファー・田口有史が振り返る …

優勝決定の瞬間、メジャーリーグの場合、日本のような監督の胴上げなどはない。バッテリーが抱き合い、そのマウンド周辺に選手が駆け寄って抱き合うだけだ。

no image

ロイヤルズ初優勝を指揮したフライ氏死去

1980年、ロイヤルズを初のリーグ優勝に導いたジム・フライ氏が12日、死去したと、AP通信が伝えた。88歳だった。 高校時代は日本でも知られるドン・ジマーと …

no image

川崎の篠山竜青が今季を総括「この悔しさは来シーズンにぶつけなければいけない」

今シーズンの川崎は中地区優勝を果たした。それについて問われると「僕らが目指していたのは悲願の日本一でしたけれども、昨シーズン地区優勝も逃している …

no image

平成プロ野球史で最強チームと言えるのはどの球団!?

リーグ優勝8度は西武に次ぐパ・リーグ2位だが、日本シリーズでは単独トップ、7度の優勝を誇る。2018年はシーズン2位ながらクライマックスシリーズを勝ち上がり、 …

no image

トマス杯、ユーバー杯は8月に 世界バドミントン連盟が発表

近年のトマス杯、ユーバー杯は2年に1度開催され、前回の2018年大会で日本は女子が37年ぶりの優勝を遂げ、男子は準優勝だった。今年の大会では、1月に …

no image

なぜサッカー米国女子代表は全米で支持されるのか 女性ファンを熱狂させるカリスマ性の正体

サッカー女子の国際親善大会「シービリーブス・カップ」で、米国代表が3戦全勝で優勝した。日本、イングランド、スペインによる4チーム総当たり戦の大会は3都市 …

no image

優勝の米代表、ユニホーム裏返しで抗議 入場から国歌斉唱まで連盟ロゴ隠す

… で最終戦が行われ、国際サッカー連盟(FIFA)ランキング10位の日本は同1位の米国に1-3で敗れ、3戦全敗で最下位に終わった。3連勝の米国優勝した。

no image

伊藤美誠が優勝

ITTFワールドツアー・カタールオープンが3月3日~8日までドーハで開催され、日本は混合ダブルスで水谷隼/伊藤美誠が優勝、女子シングルスで伊藤美誠、 …

no image

菅沼ゆり「世界カレー選手権」開催で優勝国は?

【モデルプレス=2020/03/05】渋谷・原宿系を代表する人気モデル6人が気になる日本のトレンドを世界に発信する情報バラエティ番組「カワイイジャパンダ」(MBS、 …

no image

人間性が優れた天才を育む…石川遼選手に学ぶ「全脳」の重要性

高校一年生、日本アマ優勝、プロのトーナメントでも勝つ。 六年後…高校三年生、日本で一番大きいトーナメント、日本オープン優勝。 八年後…二十歳、アメリカに …

no image

高木美帆、新濱立也がスプリント優勝 スピードスケート世界選手権

ノルウェーで行われているスピードスケートの世界選手権で、日本は女子の高木美帆選手、男子の新濱立也選手がスプリント部門で総合優勝を果たした。

no image

バド日本女子が優勝 アジア団体選手権

バドミントンのアジア団体選手権は16日、マニラで決勝が行われ、女子の日本は韓国を3-0で下し、優勝した。 シングルスで山口茜(再春館製薬所)が競り勝つと、 …

no image

女子優勝はロコ・ソラーレ

男子はコンサドーレがTM軽井沢を6―4で退け、2年連続2度目の優勝。男子は世界選手権出場枠を獲得していない。 日本が2022年北京五輪の出場枠を得た …

no image

スピードスケート 女子団体パシュート 日本が世界新で優勝

スピードスケート 女子団体パシュート 日本が世界新で優勝 … 距離別選手権、女子団体パシュートで日本が2分50秒76の世界新記録をマークして優勝しました。

no image

西岡良仁 次戦相手は前年優勝のビッグサーバー「身長差えぐいんやろなぁ笑」

「ATP250 ニューヨーク」(アメリカニューヨーク/2月10日~16日/室内ハードコート)で、初戦を勝利した世界64位の西岡良仁(日本/ミキハウス)。

no image

優勝請負人・里崎智也が実践してきた「チャンスをモノにする思考法」 (1/4)

前編記事「WBCで日本を優勝に導いた里崎智也が語る『プロ野球ビジネスのオモテとウラ』」では、独自の視点でプロ野球ビジネスのウラ側を語ってもらった。

no image

トゥトベリーゼコーチの門下生 ロシアのジュニア杯で優勝

しかし、2つの演技の合計点で優勝を勝ち取ることとなった。 この間、ダニイル・サムソノフ選手は、宇野昌磨選手と同じチームでの演技から受けた印象や、日本の …

no image

闘将・柱谷がラモス瑠偉に最後通告。 オフトジャパン初優勝の夜の叫び

だが、続く中国と北朝鮮に勝利してグループ1位。2位韓国と戦った決勝は、2-2からPK戦で勝利し、優勝した。日本が海外の国際大会で優勝するのは初めてで、 …